okagesama60_2.gif(2518 byte)
金融機関コード:2248
f1つ前に戻る
 大信は、各店舗のお取引先のご協力を得て1981年以来、半年ごとに都内中小企業の景況調査を実施し、その結果を経営参考資料として提供しております。第73回(2017年9月)調査は、従業員50人未満の製造業・卸売業・小売業・サービス業・建設業・不動産業の6業種1,072社(者)を対象に大信職員による聞き取り調査方式により実施したものです。
  1. 全体概要2
  2. 調査結果2
景気動向判断指数について
この調査では、DI(Diffusion Index)という指数を使ってその推移を示しています。DI値とは、各設問の項目について「よい」「増加」「上昇」「楽」とした企業の割合(%)から「悪い」「減少」「下降」「苦しい」とした企業の割合(%)を差し引いた値です。例えば、売上DIのプラス(増加したと応えた企業の割合)が多いほど売上は上向き、マイナス(減少したと答えた企業の割合)が多くなるほど売上は低迷・不振が続いてると判断されます。
※ 過去の景況調査をご覧になられる場合は下のリストから選択してください。
2